アクセラ 値引き

アクセラの値引き

マツダアクセラの値引き額詳細

アクセラ車体価格値引き限界額 アクセラのオプション値引き限界額
15~20万円 3~15万円

 

アクセラ合計限界値引き額:25万円

 

まずは交渉前の準備が必要!

アクセラに限らず、新車を買おうとするときは、今まで乗っていたマイカーは下取りに出そうとするはずです。

 

「きっとディーラーがちゃんとした価格で買い取ってくれるだろう」

 

多くの方が、無意識にこんなふうに考えているでしょう。

 

ですが、ディーラーはアクセラを売るのが仕事であって、中古車買取が仕事ではありません。なので適切な価格で買い取ってくれるとは限らないのです。場合によっては、こちらが大損するようなことをしてくることもあります。

 

 

アクセラの値引きはちょっと厳しいです。でも、下取りアップはできますよ。普通なら10万円なんですけど、20万円でどうですか?

いかがでしょうか。こう言われると、アクセラの値引き額がアップしたように思えてきます。

 

でも、実際の買取相場が50万円だったとしたらどうでしょう?

 

つまり、本当は50万円の価値があるマイカーを、15万円で下取りされてしまうことになります。しかもアクセラの値引き上乗せまで錯覚させられてしまい、ダブルの意味で損をしてしまうのです。

 

この交渉術はディーラーではよく使われる手段です。騙されないようにするためには、あらかじめマイカーの買取相場価格を調べておかなければなりません。

 

マイカーの買取相場を知らないでいると、このようにアクセラ値引き交渉が圧倒的に不利になってしまうのです。

 

マイカーの買取相場を調べておけば、「じゃあアクセラのオプション値引きしてよ、まだ余裕あるみたいだし」といった感じで、営業マンとのアクセラ交渉術を逆手にとって上手に商談を進めることができます。

 

では、愛車の買取相場はどうやって調べたらいいのでしょうか。

 

そこで活用したいのが、自動車一括査定サイトとなります。

 

自動車一括査定サイトって何?

 

自動車一括査定サイトとは、ガリバー、カーリンク、ラビットなどの中古車買取業者が参加している一括見積りサイトのことです。車種や年式などを入力するだけで、愛車の一括査定が可能となります。

 

 

複数の中古車買取業者が一括査定をするため、競合が発生して買取価格が上昇しやすくなるんです。

 

 

中古車買取業者は中古車を仕入れないと仕事にならないので、高い価格を提示してくる傾向があるのです。そのため、ディーラーに下取りに出すよりも30万円以上高くなることもザラにあります。買取相場がわかるだけでなく、高く売却できるので二重の意味でオトクとなります。

 

「かんたん車査定ガイド」がオススメ

 

今や車査定サイトを使うのは当たり前となっており、多くのドライバーが利用しています。そのためサービスもいろいろ増えてきているのですが、その中でもおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。

入力項目が少ない

メーカー名や車種名などを入力していくのはどのサイトも同じですが、かんたん車査定ガイドの場合は入力項目が少ないので、約30秒程度で査定が完了できます。

 

概算価格がすぐにわかる

通常、買取査定サイトで査定を行うと、即日~数日後に買い取り価格の見積もりが到着します。そのため価格がわかるまでに時間がかかることがよくあります。しかし、かんたん車査定ガイドの場合は査定完了後、すぐに買取価格の概算価格が表示できます。そのため、買取相場をその場ですぐに把握することができます。

↑の図は一例ですが、このように買取相場価格がすぐに表示されます。あとはこの金額をメモしておいて、商談に望めばいいのです。

 

かんたん車査定ガイドはJADRI(日本自動車流通研究所)の運営となり、大手の買取業者のみが参加しています。そのため安心感が高いのも特徴です。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/

自動車一括査定サイトは他にもいろいろあり、サイトによって参加している買い取り業者が違ってきます。そのため、複数の自動車一括査定サイトで査定すると高額見積りの可能性が高まります。できれば、↓のサイトでも査定しておきましょう。

 

ズバット車買取比較

 

登録買取業者数が多く、全国150社以上が参加しています。買取業者には地域や車種の得意・不得意がありますが、ズバットは入力したデータに応じて最適な10社を自動的に選ばれるため、高額査定が出やすくなっています。作業時間も1分程度なので手間はかかりません。

 

公式サイトはこちらです。
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

最大30社から見積もりが取れるのが特徴で、その分高額査定が出やすくなっています。雑誌のカーセンサーと同じリクルートが運営しており、安心感もあります。入力作業がやや多い点はありますが、それでも作業自体は数分で終わります。

 

公式サイトはこちらです。
http://www.carsensor.net/

 

査定はすぐにやっておこう!

査定はすぐに行った方がいいです。

 

「査定したおいたほうがいいのはわかったけど、後でもいいや」と思っている方は多いかもしれません。しかし、それには大きな落とし穴があります。

 

査定をするのは商談を有利にするため

「自動車一括査定をするのは、マイカー高く売却するため」という考えもあります。間違ってはいませんが、それだけでは不十分です。査定を行うのはマイカーの買取相場を調べるためです。そうしないと、アクセラの値引き交渉材料がなくなってしまい、商談で敗北してしまうのです。査定をした結果、高い買取相場がつけばそのまま売却すればいいですし、万が一下取り価格のほうが高ければ下取りに出しても構いません。

 

あくまで、アクセラの値引き交渉のカードとして一括査定が不可欠なのです。なので後回しにせず、すぐに査定をしておく必要があります。

 

後から下取りナシに変更できない

ディーラーでアクセラを下取りアリで契約をすると、マイカーの扱いがどうなるか知っていますか? 実は、所有権が半分ディーラーのものになるのです。

 

そのため、後から下取りナシにするにはディーラーから許可をもらう必要が生じます。許可してくれる可能性もありますが、面倒な手続きが必要になるほか、契約破棄ということになるためディーラーとの関係悪化は避けられません。長く付き合ううえでかなりのマイナスになります。

 

契約しなけりゃ問題ない、と思われるかもしれませんが、営業マンは商談のプロです。ネットなどを見ていると大したことないように思えてきますが、中には凄腕のセールスマンも潜んでいます。契約するつもりがなかったのに、うっかりサインをしてしまった、なんて話はいくらでもあります。

 

しかも、こちらはすぐにでもアクセラがほしい!という心理になっていますから、「ちょっとくらい損してもいいや」と思ってしまいがちです。それで急いで契約したはいいものの、家に帰ってから一括査定してみたら30万円も買取価格が違った…なんてことになったら、「ちょっとくらいの損」とはとても言えません。

 

なので、後から後悔しないためにも、すぐに査定をしておくのが鉄則なのです。

 

 

車査定サイトのよくある質問と答え

自動車一括査定サイトを使ったことがない方も多いかと思います。ここではよくある質問とその答えをQ&A方式で紹介いたします。

 

査定後は何をすればいいの?

自動車一括査定サイトで作業を完了すると、2、3日以内に買取業者からメールなどで買取価格のお知らせが届きます。あとは、一番高額の査定額を提示した業者に連絡して、無料出張査定をしてもらいます。専門資格を持った査定士が車を実際に見て、買取金額を決定する流れとなります。

無料出張査定で買取価格が落ちることはないの?

ネット査定の時点では車種名・年式などのデータしかないので、むしろ査定金額は少なめにする傾向があります。そのため、実際に無料出張査定を行うと査定額がアップすることが多いようです。当然車に傷がたくさんついていたりすると査定額が落ちることはありますが、大幅に下がることはそんなにありません。

年式とか走行距離が覚えてないんだけど…

一括査定では車種名・年式、走行距離などの入力をします。ただ、細かく覚えていない場合はあいまいでも大丈夫です。最低限車種名さえ合っていれば、年式などは多少おおまかでも査定は可能です。実際の買取価格は無料出張査定で実車を見てもらったときに決めるので、査定サイトの段階ではすべて正確でなくても問題はありません。

下取りナシだとディーラーにイヤがられない?

アクセラの値引きは下取りアリが前提なところがあるので、最初に「下取りはしません」と言ってしまうと値引きしにくくなる部分はあります。

 

そこで、商談の始めのうちは「下取りも考えています」などといって交渉するようにしてください。それでアクセラの値引きが固まってきた段階で、

 

「アクセラの値引き額が思いのほか大きくなったので、マイカーは親戚に譲ります」

 

などといって下取りを引っ込めてしまいましょう。正直に言いたい場合は「買取業者の方が高いのでそっちに売ります」といっても大丈夫です。

 

とにかく、注文書にサインをしていないなら、下取りアリ/ナシを変更するのは自由ですし、そういう人はたくさんいるのでディーラーもなんとも思いません。それに、アクセラの値引きがそれでダメになることも基本的にはありません。

 

アクセラの値引き交渉のポイントは何?

 

オプション値引きや無料サービスを狙う

 

マツダはイメージ転換のために車体値引きを抑え気味にしています。アクセラでもそれは同じで、車体価格は15万円値引きできればいい方。この価格帯で15万円引きは正直かなり渋いです。

 

ただし、その代わりと言わんばかりにアクセラにオプションや無料サービスをたっぷり付けてくるのも今のマツダの特徴です。なので、あまりアクセラ車体値引きにこだわって時間を浪費するよりは、車体値引きはそこそこで引き上げ、オプション値引きにフォーカスして攻めたほうがトータルコストは安く済みます。

 

アクセラのオプション値引きはオプションを付けなければ額が大きくならないので、まずは欲しいオプションをしっかりリストアップし、普段なら付けないようなオプションも積極的に選んでみましょう。オプション値引きが大きくなるので、結局は安く購入できることになりオトクです。

 

あとは無料サービスにも注目。ガソリン満タン納車や車庫証明代行費用、納車費用あたりのカットもガンガンアピールしてください。

 

車体値引きはライバル車をぶつける

 

アクセラを含む、マツダ車の値引き交渉はライバル車の競合が基本。アクセラの場合はインプレッサやカローラフィールダーあたりがジャンル・価格帯ともに似ているので、見積書を用意することで値引き効果があります。

 

アクセラのライバル車の見積書はあらかじめ用意しておきましょう。用意しないで競合させても、営業マンにはすぐに見破られてしまいます。リアリティを出すためには、事前に実際にライバル車の値引き交渉をして、見積書を準備しておかなければなりません。

 

なお、ライバル車の見積書は営業マンにはなるべく見せないでください。見せてしまうとその金額が基準になって、値引き幅が広がりにくくなります。あくまでも「カローラフィールダーは安くなりそう」などと言って営業マンにプレッシャーをかけていくのが基本線となります。

 

ディーラーとの相性にも注意する

 

営業マンも人間なので、結局は相性が重要となります。営業マンのその日の機嫌やお客さんの数、在庫状況などで値引き交渉はずいぶん変わってきます。なので、もしこのディーラーとは相性が悪そうだなと思ったら、出直したり別のディーラーに行ったりするようにしてください。

 

また、数多くのディーラーに行って見積書をもらうと、その分交渉がやりやすくなるメリットもあります。なるべくフットワークを軽くして、一つのディーラーにこだわらないようにしましょう。

 

アクセラ値引きのまとめ

 

 

アクセラを安く購入したいなら、マイカーの買取価格を高くするだけでも、アクセラの値引きを大きくするだけでもダメ。両方を最大に高めることで、安くアクセラを購入できるようになるのです。

 

そのためには、事前にマイカーの買取相場を調べてから商談に臨む必要があるのです。

 

 

アクセラ値引き事情

マツダのスポーツ寄り車種の代表格。アクセラスポーツがもっとも売れ筋で、コンパクトカーとステーションワゴンの間くらいの位置づけとなります。アクセラはヨーロッパ風のデザインとワイドなボディを両立させており幅広い層に支持されています。

 

アクセラはそもそもの価格が安めなためか、値引き幅はやや渋め。かつてマツダは大幅値引きが特徴でしたが、そのイメージをなくすためか上品な売り方に変化しています。とはいえアクセラの値引き幅は広がる傾向となっており、車体値引きは15万前後、オプション値引きを含めると20万円以上の値引きが狙えます。なお、アクセラハイブリッドはやや渋めとなり、20万円値引きできれば上々です。

 

 

アクセラの値引き実例投稿フォーム

 

当サイトでは、下記投稿フォームよりアクセラの値引き実例レポートを募集しています。その他にも、アクセラに関すること(乗り心地、機能など)ならなんでもかまいませんのでどしどしご投稿ください。
いただいた投稿はコチラで閲覧できます。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。またイタズラ防止のため即時掲載はできませんのでご了承ください。